NOKKETEとは?

メディアの読者プレゼントコーナーで
自社商品をアピールしよう!

NOKKETEは、4万社利用実績のプレスリリース配信サービスValuePress!が、これまでオプションメニューとしてご提供していた“プレゼントパブリシティ”のサービスを、プレゼントパブリシティ特化型として展開するPRサービスです。

PRご担当者さまのみならず、商品プロモーションご担当者さまやマーケティングご担当者さまなど、より多くのみなさまに「商品やサービスの認知度アップ対策」として有用な“プレゼントパブリシティ”を、ご活用いただきたい思いからスタートしました。

弊社が10年以上に渡るプレスリリース配信サービスで培った、さまざまなメディアとのリレーションやアプローチノウハウをフルに活用してご提供します。

プレゼントパブリシティって?

プレゼントパブリシティ(プレパブ)は、雑誌やWebサイトにある「読者プレゼントコーナー」に、読者プレゼントとして自社の商品やサービスを無償提供することで、それらがメディアに掲載され、その読者に商品やサービスを認知してもらうPR手法です。

プレゼントパブリシティのメリットって?

1
読者プレゼントコーナーは、各メディアにおいて人気のコンテンツであり、女性を中心に定期的にチェックしている読者も多いため、目に留まる可能性も高く、且つ広告出稿よりも発生するコストは安価です。
2
読者プレゼントに掲載されている商品が気になれば、応募前に対象商品をネット上で検索したり(サイトアクセス向上)、数量が限られているため、端から応募はせずに、直接購入に結びつく可能性もあります。

こんな悩みを解決

商品の認知度をアップさせたい!

発行部数が1万部以上という雑誌も珍しくありませんし、月間万単位の訪問者がいるWebサイトも珍しくはありません。そんなメディアにおいて、プレゼントコーナーは人気のコンテンツです。そうした各メディアが抱える多くの読者に、一斉に自社の商品やサービスを知ってもらうことができるのがプレパブです。

メディアへの掲載という視点で考えれば、広告出稿という手もありますが、コスト的にも、掲載されたときの注目度からしても、プレパブはメリットがあります。

メディアで商品を紹介して欲しい

通常、新商品が発売になったタイミングでプレスリリース(報道関係者宛資料)をメディアに向けて発信し、“メディアがおすすめする商品の紹介記事”としての掲載獲得を狙いますが、広告的な見え方になってしまうといった理由から、商品単体で紹介記事が書かれるハードルはやや高めです。

また、記事として紹介される場合、情報の鮮度も左右しますので(記事=NEWSとしての紹介のため、読者が“対象商品やサービスを知ることができたタイミング”が重要視されます)、例えば、発売から半年経過しているものは、実際の認知度はさておき、半年前から商品を知っている読者が少なからずいる=新規性はないと捉えられ、記事として紹介はできないといったケースも少なくはありません。

一方、プレゼントパブリシティにおける掲載は、プレゼントコーナーが存在している以上、継続的に一定数の商品を確保する必要がありますので、読者が関心を持ちそうな商品であれば、あまり細かく指定が入らないことも多く、ストレートな言い方をすれば「紹介記事よりも掲載になる可能性が高い」という実情があります。

サービス概要 ~3つのポイント~

商品とメディアのマッチング

ご提供いただく商品やサービスのターゲットにマッチしたメディアを、掲載獲得率の高さや想定拡散率などを踏まえ弊社が選定し、ご提案します。アプローチがご希望のメディアがあれば、そちらも反映し、最終的にアプローチするメディアを10メディアに絞り込んで確定させます。

専任スタッフによるメディアへのアプローチ

絞り込んだ10メディアのプレパブ取り扱い部署へ直接弊社がアプローチし、ご提供いただく商品・サービスをプッシュします。アプローチの際の資料も、プレスリリースの配信実績で培ったノウハウを活かしながら弊社で作成し、メディアが欲する情報を漏れなくお届けします。メディアからの商品に対する問い合わせ対応等も全て弊社が間に入りますので、PRのノウハウがないという方にも安心です。

掲載獲得後のフォロー

プレパブにはメディアごとにさまざまなルールがあります。例えば、雑誌での掲載の場合は、印刷に耐えうる解像度の画像が必要であったり、商品の発送もメディア側が行う場合もあれば、提供側にて行う場合もあります。不慣れな場合はなかなかスムーズにいかないことも多々ありますが、掲載獲得後も弊社が間に入って、適切なご案内やアドバイスなどをおこない、掲載内容確定までしっかりフォローします。

参考
メディアが抱えるプレパブの課題

・自メディアにマッチする商品の案内がこない
・提供数が少ない
・プレゼントが欲しいタイミングに案内が入ってこない
・提供数など柔軟に対応してほしい
・画像提供や原稿確認の依頼に迅速に対応してほしい

こうしたメディア側の課題やニーズも踏まえつつ、マッチングやご提案、 掲載後のフォローを弊社が担当いたします。